1才半からの英会話教室 「リッツナーサリースクール」

1才半からの幼児英語 英会話教室 西宮・芦屋 「リッツナーサリースクール」

コース紹介 西宮 芦屋 幼児英語

HOME > コース紹介

充実したレッスン内容で安心してお子様をお任せいただけます。時間たっぷりのイングリッシュシャワーで楽しみながら自然に英語が身につきます。
  • new!! 「会話+学習」のお勧めコース

    プレアップルコース

    3歳~6歳 マーブルコース+オレンジコース
    7,000円+15,000円がお得な¥20,000/月で受講できます。


    マーブルキッズコース(4技能習得)にオレンジコース(標準的なネイティブの発音)を加えて、相乗効果を高めます。木曜日又は金曜日の2時間と水曜日の50分の組み合わせです。幼稚園児・保育園児に最もお勧めのコースです。※別途各コースの諸費用が必要です。

  • 4月開講 マーブルキッズコース

    プレアップルコース

    3歳~6歳 火曜日・水曜日 15時半~16時半
    週1回¥7,000/月(60分)


    新学習指導要領に沿った、まったく新しいタイプの幼児英語!2020年の大変革を踏まえ今年から先行実施される英語教育は、4技能とコミュニケーション能力を目標とするものに大きく変わります。「聞く・話す・読む・書く」の4技能が学べる英語教室に通うことが絶対に必要なのです。しかも幼児は楽しくなければ身につきません。だから今こそ、マーブルキッズで楽しく遊びながら英語を始めましょう。
    マーブルキッズコースは上期教材費16,000円(音声ペン・SDカード含む)、下期教材費7,600円が必要です。

  • チェリーコース(3ヵ月から1歳児までの親子レッスン)

    プレアップルコース

    3ヶ月~1歳 水曜日午前9時半~10時
    週1回¥6,000/月(30分)


    0歳児は人生の中でももっとも活発に言語を獲得できる時期です。絶対音感も兼ね備えたこの時期に英語の音感を身につけて見ませんか。赤ちゃんは日本語、英語の区別なく全て自分の言葉として吸収します。

  • プリスクール30分コース(プレアップルコース)

    プレアップルコース

    1歳半~3歳 午前9時半~10時
    一部休講中です。お問い合わせ下さい。 ¥6,000/月


    初めて英語に触れるお子様にぴったり!親子で参加するレッスンです。1歳半からのお子様は、何よりもまず「聞く」ことが重要。日本語でも言葉の分からない赤ちゃんのうちから、絵本の読み聞かせや話しかけが大切と言われていますよね。英語も同じです。英語の歌や絵本を繰り返し聞くことで、子供たちは英語の発音を身近に感じていきます。親子で体を動かしたり、手遊びをしながら、英語の音を体感して下さい。

  • プリスクール2時間コース(アップルコース)

    アップルコース

    2才~ 午前10時~12時 一部休講中です。お問い合わせ下さい。
    週1回(2時間) ¥15,000/月~週3回(6時間) ¥38,000/月
    年間諸費\10,000(週1回)が必要です。

    3歳前後の時期は幼児期の成長のピークと言われています。この時期に英語を通じての様々な体験をするかどうかが、後々の英語力を左右するといっても大げさではありません。3時間のレッスンは数遊びやフラッシュカードなどを交えながら「英語を楽しむ」ことに重点を置いたプログラムです。子供たちの反応はとても正直。子供自身が「楽しい!」と思えたときの集中力や吸収力は抜群です。このコースで習得できる英語力の目安は児童英検のブロンズ(初級)レベルです。

  • 幼稚園児コース(オレンジコース)

    オレンジコース

    3才~5才 3:30pm~5:30pm(月・金)/9時~11時、11時~13時(土)
    週1回(2時間) ¥15,000/月 ~ 週3回(6時間) ¥38,000/月
    年間諸費\10,000(週1回)が必要です。

    幼稚園に入園されたお子様が対象です。ネイティブの講師はリスニング力を、バイリンガルの講師は表現力を養います。レッスンの合間にはリフレッシュタイムを設け、ダンスや歌、クラフト、ティータイムなどを英語で楽しみます。教室での会話は全て英語なので英語力がみるみるアップ。このコースで習得できる英語力の目安は児童英検のシルバー(中級)・ゴールド(上級)レベルです。

  • 土曜日2時間コース

    代替画像

    2才~ 午前9時~11時・11時05分~13時05分
    絵本(数・ABC)アクティビティ、ワークシート、プレイタイム、おやつタイム
    週1回(120分) ¥15,000/月  年間諸費\10,000(週1回)


    おやつやワークシート、プレイタイムもあります。楽しみながら英語に触れられることは勿論、英語力の伸びをワークシートなどでしっかり実感できます。幼稚園などがお休みの日に無理なくゆったり英語を満喫できるコースなので、他の習い事との両立も可能です。

※各コース共、上記金額とは別に入会金\10,000が必要です。

レッスン内容

  • FlashCard(フラッシュカード)

    FlashCard(フラッシュカード)

    イラストが描かれたカードをその名称を言いながら1秒間に1枚以上のスピードでめくっていきます。右脳を活性化させる効果があり、集中力と情報を高速で処理する力を養います。

  • phonics(フォニックス)

    phonics(フォニックス)

    ネイティブの子供たちが小さいうちから学習するアルファベットの発音のルールです。例えば「a b c」をフォニックスで読むと「ア ブ ク」という音となるなど、発音と文字を連動させて教えます。初めてみる単語や英文を読むときに、とても役立つ方法です。

  • sight word(サイトワード)

    sight word(サイトワード)

    フォニックスの発音のルールには当てはまらないような単語を「目で見てすぐに分かる言葉」としてカード化して認識していきます。フォニックスと同様、単語をスラスラ読む基礎となる教え方です。

  • writing(ライティング)

    writing(ライティング)

    ABCを書く練習です。フォニックスと併せて行います。

  • dots(ドッツ)

    dots(ドッツ)

    数字を読み上げながら、小さな丸(ドッツ)が書かれたカードを次々と見せていきます。フラッシュカードと同じく右脳を活性化させる効果があり、数の概念を培います。

  • print study(プリントスタディー)

    print study(プリントスタディー)

    算数のワークシートを英語で行います。数の大小から2ケタの計算までを順番に進めます。

  • story telling(ストーリーテリング)

    story telling(ストーリーテリング)

    子供たちが大好きなお話の時間。動物の鳴き声など、英語の擬音・擬態語にも触れられるよう工夫し、豊かな想像力を学びます。

  • その他

    その他

    勉強だけでなく、お楽しみの時間としてリズム体操やダンス、歌、クラフト、クッキングなども行います。何よりも子供たちが毎回楽しみにしているのはおやつの時間(ティータイム)です!

Q1:幼児英語は何歳くらいから始めれば良いでしょうか?
 耳の良い3才ぐらいまでには始めたほうが良いのではないでしょうか。日本語が確立する4才前後になると日本語以外の音を脳は雑音として処理してしまいます。そうなると英語の音の吸収が難しくなります。日本語を他言語と比べると、極めて単調音で全ての音に母音がつく特殊な言語です。その為日本語の母音を主とした環境で育つと、英語のような子音+子音の連なった音は聞こえなくなってしまいます。日本人が音の壁を打破できない理由はここにあります。
 3才以前の音の壁が出来る前であればスムーズに音が入ってくるので言語学習にとても向いているのです。 この時期に1000時間英語の音を入れる事によって将来美しい発音でコミュニケーションが出来るようになります。聴こえる音しか人間は話すことが出来ませんから、耳と発音は切っても切れない関係といえます。


Q2:外国人講師とネイティブ講師の違いは?
ネイティブ講師とは「英語が母語である」先生を指します。外国人講師は英語を母語以外で話す先生も含みます。外国人講師であれば誰でも良いかと言うとそうでもありません。インドやフィリッピン等の国の方達も流暢な英語を話しますが2~3才位までの時期には相応しいとは思いません。出来るだけスタンダードに近い英語を話す先生がいいと思います。
 やはり大事なこの「音のすりこみ時期」はスタンダードに近いネイティブの音を必ず聴かせてあげて欲しいと思います。 英語を小学校以降にも更に3~4年以上習っていれば外国人講師の英語を聞くのも構わないと思います。 その時期にはむしろ色々な英語を聞くのもいいでしょうね。


Q3:アシスタントに日本人講師が付いてペアティーチングということを良く聞きますが、その役割は?
 ペアティーチングは幼児英語の最もよい教授法です。日本人の先生が日本の子供達に合うようにプログラミングしそれをネイティブ講師が実践していくスタイルです。きめ細やかな指導とネイティブ講師の英語シャワーによる理想的なteachingです。逆である場合、即ち日本人の先生がアシスタントだけを担当するのも見かけますが いまいちではないでしょうか。日本人講師かネイティブ講師、どちらがメインに授業を進めていくのかを見分ける ことも大切です。



Q4:ディズニー等のCD教材の有効な使い方は?
 DVD等の教材の効果はまだ明らかでないのが実情です。以前NHKでこの種の実験を赤ちゃんにしていましたが子供の脳波はあまり動いていませんでした。やはり小さいうちは直接体験が良いようです。DVDやCDによる 間接体験は小学校以降になってからが良いようです。


Q5:1回30分の大手英語学校から半日たっぷりな英語幼稚園みたいなインターナショナルスクールまで時間の幅があるがどの程度英語に触れたら良いのか分からない。
 理想とするところは3才ぐらいまでの幼児は出来るだけたくさんレッスンをとる。出来れば2才には習って4才ぐらいまでに1000時間英語が入っていれば確実に英語耳と将来の美しい発音でのコミュニケーションを手に入れることが出来ると思います。(1000時間:Rit'sではキンダーの5時間コースを週2回受講していたければ大丈夫です)それが素起こし無理なようでしたら、幼児の間に耳を慣れさすことだけでもしてき、小学校にあがってからも1週間に2時間程度でずっと習い続けることによって小学3~4年生でコミュニケーションをとれるようになってきます。
 言えることは幼児期の英語はある程度長い時間が必要だと言う事です。例えば「お子さんに1週間に1時間足らずの日本語を話しかけたとして、果たして日本語の分かるお子様になるでしょうか?」このように考えて頂ければ幼児が英語を身につける為には長時間のレッスンが必須である事が分り易いと思います。